2016/05/03(Tue)

和ラダイスガラージ

Act:【DJ】 永田一直 珍盤亭娯楽師匠 Marginalman a.k.a TUTTLE Mr.jin (国産黒盤會) 倉宮漫☆二郎 (行者ボーイズ)

Open:23:00 / Start:23:00 / Adv:¥2,500 (D込) / Door:¥2,500 (D込)


0503_ura

■和ラダイスガラージ
2011年6月、永田一直によって国産音源のみを徹底したクラブ・マターでプレイする実験的かつ快楽主義に特化したパーティーとしてスタート。幡ヶ谷FORESTLIMITでのレギュラーパーティーではMOODMAN、池田正典、ECD、常盤響、CRYSTAL、Mr.MELODY、yudayajazz、CHERRYBOY FUNCTION、山辺圭司、L?K?O、イルリメなど各界のDJを招聘し、和縛りのみでのプレイをオーダー。白熱の化学反応を起こす。その後、2012年1月の代官山UNITでの大興行、2012年末から毎年行っている特別篇では、渚ようこ、ギャランティーク和恵、幻の名盤解放同盟、一十三十一、(((さらうんど)))、ビイドロ、砂原良徳、JINTANA&EMERALDS、DORIAN QUIET SESSION、BTBなどの豪華ゲストを迎え大盛況となった。2014年より、反社会派出版社として知られる東京キララ社社長・中村保夫、硬派レゲエショップNAT店主・KAZU、和モノ新世代の騎手・珍盤亭娯楽師匠がレギュラーメンバーとなる。また、人気ライブストリーミングチャンネルDOMMUNEでの数度のプレイ、2015年1月には書籍「和ラダイスガラージ BOOK for DJ」を刊行。異例の好セールスを上げ話題となった。2015年5月には初の海外公演となるシンガポール公演を含む6度目のツアーを行い、6月には話題のシンガーソングライター・町あかり、小西康陽の”親友”であるDJユニット・NOEL & GALLAGHER、書籍「和モノAtoZ」を刊行した吉沢dynamite.jpなど各界のDJ、ライブアクトを迎えて代官山UNIT&SALOONの2フロアで行った所謂、和モノDJパーティーとしては最大規模の「和ラダイスガラージ4th ANNIVERSARY PARTY」を成功させ、10月にNHK Eテレで放送された「戦後サブカルチャー史II 踊る昭和歌謡の謎」では、番組冒頭でパーティーの模様が取り上げられるなど近年、クラブミュージックの一つとして認知されたと言える新世代和モノDJパーティーのパイオニアであり、最も熱く先鋭的なリアル・ダンスミュージック・パーティーである。





2016/05/03(Tue)

RINGOOO A GO-GO 2016りんご音楽祭 オーディションライブ

Act:【LIVE】 前川サチコとグッドルッキングガイ 残月ノ刃 gugaguga 笑-emi- sixteencoins Alfagiri ネム Slow Riddim & Good Times Easycome

Open:14:30 / Start:15:00 / Adv:¥2,000 (D別) / Door:¥2,500 (D別)


■りんご音楽祭
澄んだ空気と奇麗な水に恵まれ、都心からのアクセスも良い長野県松本市の名所、アルプス公園にて9月末に開催された「りんご音楽祭2015」。
日本を代表する新世代の野外音楽フェスとして、本年は、スチャダラパーや水曜日のカンパネラなど、ベテランと若手注目株が、世代やジャンルの垣根を越え総勢150組が出演。
独特のラインナップとムードが、幅広い層の音楽リスナーから支持を受け、各所で話題となりました。
詳細は後日発表となるが、今年の「りんご音楽祭」は9月24日(土)と25日(日)に開催予定です。「RINGOOO A GO-GO」は、音楽シーンの未来を担う人気アーティストを発掘するべく、りんご音楽祭が主催するオーディション企画として実施されています。
昨年は、北海道から沖縄まで、加えて初の海外公演となった台湾を含む17都市で計52回のオーディションライブを、昨年3月より3ヶ月間に渡り実施しました。
参加アーティストは総勢約300組、その中から21組のアーティストが「りんご音楽祭2015」に出演となりました。過去には「水曜日のカンパネラ」「CHAN-MIKA」「原田茶飯事」「プププランド」「箱庭の室内楽」「CICADA」「Tempalay」 「Apotheke」「YOCO ORGAN」「ノンブラリ (2013グランプリ)」「夕暮れの動物園 (2014グランプリ)」「ささきりょうた(2015グランプリ)」など、現在の音楽シーンを担う注目のミュージシャンが多く、このオーディションに参加しています。

そして、本年は、9月24日(土)と25日(日)に長野県松本市で開催される「りんご音楽祭2016」の一般出演者オーディションが、3月19日の愛媛県松山よりスタート。4ヶ月をかけ、19都市にて57回の開催となります。

■主旨
このオーディションの特徴は、東京のみではなく、北海道から沖縄、そして台湾を含めた19都市のライブハウスに主催者が自ら訪れることにより、現地でのシーンにおけるアーティストの姿を直に見て、出演を決めていくことです。
更にオーディション期間を長めに設定することで、スケジュールの調整が難しいアーティスト達にも、参加してもらえるタイミングを設けられるのではないかと思います。
加えて普段なかなか交流することのないアーティスト同士や会場のブッキング担当者が、新たな関係を築くきっかけにもなり、地域を跨いだイベントとして、その新しい関係が継続的に続く場として、シーン全体の活性化に繋がれば幸いです。「りんご音楽祭2016」では、総出演者の6分の1程にあたる20組~25組を、この企画から選出するオーディション企画「RINGOOO A GO-GO」、新たな才能の発掘と音楽シーンの盛り上がりへと繋がるイベントにして行きたいたいです。
長野県内のアーティストはもとより、長野県外からもドシドシご応募下さい。また、2016年の12月末、RINGOOO A GO-GOからりんご音楽祭に出演したアーティストで、今年のグランプリを決めるゴーゴーアワード2016を開催します。
投票によって決まるグランプリの特典は以下を予定しています。

[グランプリ特典]
・りんご音楽祭2017の第1弾ブッキング
・楽曲レコーディングサポート(該当楽曲に関する原盤、出版権はりんご音楽祭実行委員会に帰属する。)
・当日のライブハウスからのギャランティー総取り
・長野県にちなんだ副賞プレゼント





false

false

false

false

false

false