2016/10/10(Mon)

-Tribute to Alton Ellis-THE ROCKSTEADY NIGHT in OSAKAOVERHEAT MUSIC & FIRE CORNER Presents

Act:■SPECIAL LIVE: CHRISTOPHER ELLIS CARLTON & THE SHOES Baked by Matt Sounds with U.R.A. Hornes ・Matt Sounds: 森 俊也(Dr) / 秋廣シンイチロウ(Gt) / 大和田誠(Gt) / 外池満広(Or) / 小西英理(Pi) / 伊藤慎也(Ba) ・U.R.A. Hornes: 浦朋恵(Bs) / 金子鉄心(Ts) / 井浪直子(Tb) ■SELECTOR: YODA KENJI (STEP SOFTLY) AKI (SKAVOOVIE) NIKI-T (FIRE CORNER)

Open:18:00 / Start:20:00 / Adv:¥5,000 (D別) / Door:¥5,500 (D別)

eplus9月6日〜発売開始


ジャマイカ音楽史を創りあげた偉大なアーティストの一人、ミスター・ロックステディことアルトン・エリス。
そんなアルトンの8回目の命日である10/10にトリビュート・イベントを大阪で開催致します。
父アルトン・エリスから100%の才能を受け継いだ、息子クリストファー・エリスと、昨年の来日公演の熱狂が忘れられないカールトン&ザ・シューズが待望の再来阪!

■前売チケット購入について:
e+ (イープラス): http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002202242P0030001 (受付開始日:9/6(火) )
Tribute to Alton Ellis


メール予約:宛先 info@firecorner.net
・[代表者様のお名前]と[チケット希望枚数]を本文へ記入し、件名に[THE ROCKSTEADY NIGHT in OSAKA]と入れて送信して下さい。詳細確認メールをお送り致します。予約締切りは、2016年10月9日(日)22時となります。※予定人数に達した時点で受付を終了致します。

・その他に、会場への直接予約と店舗での販売が御座います。取扱店舗については下記のお問合せ先WEBサイトにてご案内しております。

■お問合せ・インフォメーション:
FIRE CORNER
WEB http://www.firecorner.net
MAIL info@firecorner.net

・主催: FIRE CORNER
http://www.firecorner.net

・企画: OVERHEAT MUSIC
http://www.overheat.com

■会場:
南堀江 SOCORE FACTORY
〒550-0015 大阪市西区南堀江2-13-26
TEL&FAX 06-6567-9852
WEB http://socorefactory.com
MAIL info@socorefactory.com

—–

Profile
CHRISTOPHER ELLIS
christopherellis_photo
(1982年3月12日、ロンドン生まれ)父アルトン・エリスから100%の才能を受け継いだのが、息子クリストファー・エリス。父の死の直後、スタジオに入り父へのトリビュートソングをレコーディングした。そして2013年、ボブ・マーリーの息子であるダミアン”ジュニア・ゴング”マーリーのプロッデュースのもと初EP「Better Than Love」をリリース、各方面から大絶賛される。歌のウマさでは父を越えると評価されている。

CARLTON & THE SHOES
carltoandtheshoes_photo
ロックステディを代表するグループ。スタジオ・ワン時代の「Love Me For Ever」が代表アルバムだが、スタジオ・ワンを離れてそれを越えるハイクオリティの「This Heart Of Mine」をリリース。カールトンの作曲、コーラス・アレンジのセンスはジャマイカ以外の国でも高く評価され、レゲエ、ロックステディ・ファンだけでなくレアグルーヴ・ファンをも虜にする。昨年の来日では東京・大阪でソールド・アウト。待望の再来日。

—–

Tribute to Alton Ellis
altonellis_photojpg
アルトン・エリス (1938年9月1日〜2008年10月10日)
歌手、ソングライター、音楽プロデューサーとしてジャマイカ音楽を確立したゴットファーザー・オブ・ロックステディの1人でありミスター・ソウル・オブ・ジャマイカという異名を持つ。1994年にジャマイカ名誉勲章を受賞。2006年インターナショナル・レゲエ&ワールドミュージック・アワードの殿堂入り。





false

false

false

false

false

false