2019/01/06(Sun)

EXHIBITION MATCHSOCORE FACTORY presents

Act:■VS MARGINAL RECORDS (TUTTLE a.k.a Marginalman) vs BASSES OR DIE (Sumio Iwase) ■NEW YEAR FOOD PHAKCHI POKCHI

Open:19:00 / Start:19:00 / Adv:¥1,500 (D込) / Door:¥1,500 (D込)


皆さん!!
新年早々だからこそ叶う事があります。
そして今年は平成という元号が終わりを迎えます。

色々な考えるだけの全ての情報をかき集めて、一挙大放出と言った具合のイベントがここに完成!!
バリューついた内容になってます。

TUTTLE a.k.a MarginalMan

89年からDJ活動。PUNK,NEWWAVE,NOISE-INDUSTRIAL,PsycheRock,SKA,DUBを10代のルーツに持ち、CHICAGO HOUSE,ACID,TECHNO,ELECTRO,HIPHOPと80年代中期、当時のダンスミュージックに触発され、DJ活動開始。
「TUTTLE&DYNAMO」として、自主制作12インチを2種、田中フミヤの「とれま」、竹村延和の「ラロップ」からの12インチ、S‐KENのレーベルからのフル・アルバムなどのオリジナル音源リリース。
その後、ゲームソフト「パラッパラッパー」のトラック制作、河内音頭の河内屋気菊水丸のバングラ・ミックス、ラトビルのGOTH-TRADとのスプリット・リミックス12インチなど多々あり。

通常のTUTTLE名義では、BASSMUSIC=DUBSTEP,ELECTROやTECHNO,HOUSE,BREAKBEATSをプレー。MarginalManでは、ワールドビートを軸にカルトなオブスキャア音源を塗してプレー。今までに3枚のMIXCDをリリースし、いずれも好セールスを記録。2000年以降からのワールドビート・ブームの先陣を切った。

別活動に、ノイズユニットの「ザンゲ」や藤本修羅 氏との「D.D.S.」もある。また、90年代から踊り子の選曲も行っている。

https://www.facebook.com/maginalman.tuttle.1

SUMIO IWASE

1996年よりアーティスト活動を開始。関西を中心に様々なビッグパーティーでのレジデンツを勤め、国内、外の数々のアーティストとの共演を果たす。ライセンス等のないアバウトな世界の中、指標はそれぞれ違うが根本的かつ重要な部分が感じられる彼のPLAYは、ボーダレスに矢継ぎ早に繋がっていく独自の世界観として容易く昇華しフロアで表現する。

セラミックツーローターの両輪駆動コンピューター制御のSTREETBEATと•••12500rpm/33or45rpm

VINYLサイズ-12インチ・10インチ・7インチ 発電形式-常温超伝導発電機。

音楽だけではなく、その人間ありきで成立する極めて感情的なミュージック。
彼はそれに針をのせることができる数少ないDJの1人である。





false

false

false

false

false

false