2017/12/08(Fri)

Keith & Tex JAPAN TOUR 2017 in OSAKA

Act:
■SPECIAL LIVE:
Keith & Tex Backed by Matt Sounds
Matt Sounds
・メンバー: 森俊也(Dr) / 小粥鐡人(Ba) / 外池満広(Key) / 秋廣真一郎(Gt) / 大和田誠(Gt) / 小西英理(Key)

■ GUEST SELECTOR:
TOMMY FAR EAST (Far East Records)

■ SELECTOR:
NIKI-T (FIRE CORNER)
YUUICHI (SOULFUL MUSIC)

■ AFTER TIME SELECTOR:
(ライブ終了後は終電頃までDJタイムが続きます。)
NAGAYAHMAN,MIKI (JAMAICAN BEAT)
OGURAMAN (IRIE MOOD)

Open:18:00 / Start:LIVE START 20:30 / Adv:¥5,000 (D別) / Door:¥5,500 (D別)

eplus
発売中


予約する

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

予約イベント日 (必須)

イベントタイトル (必須)

予約枚数 (必須)

備考


■ 前売チケット購入について:
e+ (イープラス): http://eplus.jp (受付期間: 17/12/7(木)18:00まで)

前売り予約フォーム:

Keith & Tex JAPAN TOUR 2017 in OSAKA 前売チケット予約フォーム



メール予約: 宛先 info@firecorner.net
・[代表者様のお名前]と[チケット希望枚数]を本文へ記入し、件名に[KEITH&TEX大阪2017]と入れて送信して下さい。詳細確認メールをお送り致します。予約締切りは、2017年12月7日(木)22時となります。※予定人数に達した時点で受付を終了致します。

・その他に、会場への直接予約と店舗での販売が御座います。
取扱店舗については下記のお問合せ先WEBサイトにてご案内しております。

■お問合せ・インフォメーション:
FIRE CORNER
WEB http://www.firecorner.net
MAIL info@firecorner.net

主催:FIRE CORNER
http://www.firecorner.net

企画:OVERHEAT MUSIC
http://www.overheat.com

ロックステディ旋風を巻き起こした前回のジャパン・ツアーから3年、ジャマイカン・デュオKeith & Tex待望の再来日が決定!!

世界中を飛び回る彼等だが、今年はオーストラリア、アメリカ西海岸、カナダ、さらにヨーロッパ10都市を巡るツアーを精力的に敢行!遂に日本に帰ってくる!!バックは、前回公演で互いに信頼を勝ち得たMatt Sounds。名立たるジャマイカン・レジェンド達との演奏で更に経験を積んだ彼等がKeith & Texと3年ぶりの共演!!今夜も列車は止まらない!?

Keith & Tex

Keith & Tex(キース・アンド・テックス)
誰でも一度は聴いたことがある「Stop That Train」と「Tonight」という大ヒット曲を持つKeith & Tex。特に「Stop That Train」はジャマイカ最初の映画”The Harder They Come”でScottyの「Draw your Brakes」名義で使用され、その後89年にはBeastie Boysの「B-Boy Bouillabaisse: Stop That Train」で使われ、そのトラックは何度もリメイクされている超メジャー・チューン。他に「Let Me Be The One」、「Leaving On That Train」などたくさんのヒットを持ち世界中のライブで大合唱となる。現在もニュー・アルバムが完成しツアーを続ける現役バリバリのアーティスト。

Matt Sounds

Matt Sounds(マット・サウンズ)
今年4月に1stアルバム『Matt Sounds』を発売、5月にはBBシートンと東名阪ツアー、7月にはフジロックフェスへの出演と順調に実力を発揮しているMatt。すでにジャマイカン・ヴィンテージ・ミュージックを演奏させたら世界でも右に出るものはいない?と噂されている。記念すべきキース&テックスのバックから始まり、カールトン&ザ・シューズ、リロイ・シブルス、ストレンジャー・コール、クリストファー・エリスらのバックを完璧に努め、彼らから「こんないいバンドがあったのか?」と驚嘆されてきた。それもそのはず直接ジャマイカン・レジェンドたちからリハと本番で細かく手ほどきを受け60年代ジャマイカ音楽の黄金期を再現できる世界にも稀なバンドが誕生。Mattが遂にKeith & Texと3年ぶりの再会。

OFFCIAL HP : http://mattsounds.tokyo



false

false

false

false

false

false