2018/01/29(Mon)

白井太一朗1st Single 「1度目の正直」レコ発スペシャル!

Act:
■ゲスト
白井太一朗→レコ発!

■レギュラー
あき(World'sEndSuperNova)
岡本冬馬(the whimsical glider)
かわさき(ガナリヤ、サイレントニクス)
トラッシュ山省(神頼みレコード)
フジハラユウタ(PRIMAL)
毛利翔太郎(LONE)

■映像出演
前田典昭(ソウルフード)
※諸事情によりソレコビトの出演、映像出演はしばらくお休みしております。

Open:19:00 / Start:19:30 / Adv:¥1,000 (D別) / Door:¥1,500 (D別)


予約する

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

予約イベント日 (必須)

イベントタイトル (必須)

予約枚数 (必須)

備考


2018年1発目のLastMondayは白井太一朗をゲストに迎え、彼自身初のソロ音源「1度目の正直」レコ発スペシャルを開催!

もちろんレギュラー陣の課題詩を基に作曲を行ういつものアレもありますよ。

2018年もPOEM TO LYRIC!!
詩を詞へ変化する夜を楽しんでいきましょう!

【2018年1月課題詩】

歳月が何かを変えていく
陸の孤島 自己批判の溜息が積もる
排除しては懐かしむループ
シミの模様 憧れ達は天井に溶けていく

都合の良い装飾を重ねて
日々を彩るケダモノ
「人間味」で片付けた僕らの答え

足りない物を補って
見えない場所に隠して来た
理想郷のためだと言って
今日も誰かが
札束を数えている

知らない方がよかった 現実味の無い現実
虐げられている感覚 責任を転換するだけ
相対的な幸不幸 価値観を計るモノサシ
権利を求めるだけさ 受動機械に不要な愛

全部が全部変えれるなら
色彩の意味を知らなくちゃ
僕らの答えは絶対に間違っていく

やり場のない不満でさえ
消えないままで受け入れてくれ
理想郷は何処にも無くて
今日も誰かへ届くように歌を編む
このまま平行線上の向こうへ…

白井太一朗 – ex.バンドマン(Music Video)



false

false

false

false

false

false