2020/05/07(Thu)

SOIL Fast Ram Japan Tour in Osaka

Act:
■Guest DJ
Fast Ram

■Live
909state (秋葉原重工/AcidWorx)
Jin Cromanyon

■DJ
hankyovain (Treasure Box)
D.J.Fulltono (Booty Tune)
TECHNOMAN a.k.a. shex
RETROIT CREW (Yuzi Zapping & 侑士)

■Food
tamutamucafe

Open:18:30 / Start:18:30 / Adv:¥1,600 (D込) / Door:¥1,600 (D込)


お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

予約イベント日 (必須)

イベントタイトル (必須)

予約枚数 (必須)

備考


店主かさご開催 平日のclub party “SOIL” 今回はアルゼンチン生まれ、ブルックリン在住で20年以上にわたってエレクトロニックミュージックシーンで活躍している”Fast Ram”のDJ Set(Acid House)でお届けします。

Fast Ram

アルゼンチン生まれ、ブルックリン在住のFast Ramは故郷のブエノスアイレスで活動を始め、5大陸をツアーするなど20年以上にわたってエレクトロニックミュージックシーンで活躍している。
10年間プロデュースとツアーを行った後、それまでのすべての経歴を捨てプロダクション運営に専念、ビンテージ シンセサイザーのみのスタジオを構築し、生涯で最も愛したAlpha Juno、Roland TB-303等を用いた90’s Rave/Hoover soundに回帰していく。
10代のころに聴いたJoey Beltram、Aphex Twin、Orbital、FSOL等によるAcid/Rave Soundが彼の音楽へのめざめとなり、その後の音楽的支柱となる。また、音楽機材を手に入れるお金がない時代にはこれらのサウンドをAmigaコンピューターでエミュレートし、レトロなテクノロジーとAcid soundの融合に取り組んだ。
そして、現在、ブエノスアイレスのエレクトロニックミュージックラジオ”RadioREA”でラジオ番組”ACED”を開始。故郷の新進気鋭のアーティスト達に加え過去20年間にわたる世界中を巡る音楽の旅で出会った多くの才能を紹介する

Now is time to the ACID heart on fire!
https://8gbs.bandcamp.com/album/red-october