2018/03/17(Sat)

“Carroll Thompson” JAPAN TOUR IN OSAKA 2018Earth Beat presents

Act:■Special Guest Carroll Thompson (from UK) ■Guest Singer asuka ando ■Backing band Dub U Set with Jun Suzuki, Risa Sasaki, Yuji Yamashita ■DJ's Lovers Rock Night Crew (Yoda,Ocean,Pirates Miki) Zunggu Zunggu(Emperor) Yone(Earth Beat) Jun(Earth Beat) ■Booth てぬぐいChill ■Filming by Takumi kawakami

Open:18:00 / Start:18:00 / Adv:¥4,000 (D別) / Door:¥4,500 (D別)


きゃーーーー!!
これはホンマの待望のアーティストの来日が決定しました!!
実は小学校の時から好きなアーティストです!!

こんな書き方しか出来ないってのも幼稚なんですが、それくらいの時に好きになったアーティストなんでお許しあれ

Carroll Thompson

1960年生まれ
イギリス レッチワース出身
女性レゲエシンガー/セッションシンガー
“ラヴァーズ・ロックの女王”という称号に相応しいレゲエ・シンガーといわれている。
ジャマイカ移民の両親の影響もあり、レゲエ、スカ、ロックステディなどはもちろん、ジャズやゴスペル、クラシックまで幅広い音楽環境のなかで子供時代を過ごし、教会の聖歌隊で歌いながらハイスクールに通学。12歳の頃にはすでに作曲を開始。オーディションに合格したことからプロとして活動を開始。1981年アルバム「Hopelessly In Love」でデビューを果たし、83年2枚目のアルバム「Carroll Thompson」をリリース。1992年マッド・プロフェッサーのアリワ・レーベルから『The Other Side Of Love』をリリース。94年東芝EMI/eauレーベルからアルバム『Free』をリリース、デニース・ウィリアムスのヒット曲「Free」のカヴァーがヒットし、日本における彼女の認知度を一気に高めた。95年『 Full Circle』、96年『Songbird』とコンスタントにアルバムを発表し、99年ビクター移籍第1弾となる『 Flying』をリリース。
84年に「Michael Ward」,「Shaun Ward」の共同プロジェクト「Floy Joy:1983–86」のアルバム「Into The Hot」にリードボーカルとして参加。
チャートクレジットではアーティスト表記されていない曲もありますが、90年に「Courtney Pine & Carroll Thompson」のコラボで1曲がチャートヒット。また同90年に共同プロジェクト「Movement 98」にフィーチャーされ、「Movement 98 Featuring Carroll Thompson」クレジットで2曲がチャートヒットを記録。
セッションシンガーとしてはジャンルを超えて多彩な活動があり、「Michael Jackson」,「Stevie Wonder」,「Natalie Cole」,「Pet Shop Boys」,「Boy George」,「Maxi Priest」,「Sting」,「Billy Ocean」,「Chaka Khan」など、多数アーティストの録音に参加。

asuka ando

メロウなムードまといつつ、レコード盤をこよなく愛するLovers Rock Reggaeシンガー。2011年、自主制作盤『dream of you』に収録された「jiri jiri」が幻の7インチとなり、話題に。2015年エマーソン北村をゲストに迎えた7インチ・シングル「ゆめで逢いましょう -see you in my dreams-」を含む#メロウすぎるにもほどがあるファースト・フル・アルバム『mellowmoood』リリース。その後、井の頭レンジャーズや思い出野郎Aチーム、EVISBEATSとの7インチ・リリースを重ね、2016年、2017年に7インチ4枚リリース。2018年1月6日に 満を持しての2ndアルバム『あまいひとくち』をPヴァインより発売した。
www.mellowmood.com





false

false

false

false

false

false